1. 海外医療薬の通販サイトってどうなの?   >  
  2. 海外医療薬のデメリット

海外医療薬のデメリット

禁止事項を示している

海外医療薬は海外で製造された医療薬になります。日本の医療薬の中には海外で製造された医療薬もあり、もしかしたらあなたがつかっている医療薬は海外医療薬である可能性もあります。

今回は海外医療薬の中でも通販で購入する事ができる海外医療薬のデメリットについて紹介したいと思います。

海外医療薬は外国人向けに作られているため、効果が強い場合があります。

日本人向けと外国人向けの作りには違いがあり、その違いは有効成分の含有量になります。身体の大きさにより、必要な薬の量は変わってきますので、日本人よりも平均的に身体が大きい外国人向けに医療薬には有効成分も多く含んでいる必要がでてきます。

有効成分の量は薬の効果に直結し、極端な例で言いますと、有効成分の含有量が増えれば、その分効果が強なるのですが、有効成分によってはとり過ぎると効果だけでなく副作用も強くなってしまうこともあるため、取り過ぎはあまり良くありません。

それらを考えると海外医療薬は人により効果が強くでるだけなら良いのですが、強く副作用がでる可能性もあるのです。

効果が強い海外医療薬は半分にカットして半錠で使用するなど対策を取ることは可能ですので使用できないということはありません。

もう1つのデメリットは海外からの発送になるため、届くまでに時間がかかってしまうということです。だいたい1週間前後かかるとされており、急い必要という方には向かないでしょう。

また海外から届くには輸入していると同義である為、税関の検査を必ず通ってきます。量が多過ぎる場合には税関の検査にかかってしまう可能性もありますので、余分に税金がかかったりしてしまう可能性もありますが、少量なら問題ありません。