1. 海外医療薬の通販サイトってどうなの?   >  
  2. 違法の可能性について

違法の可能性について

可能性はあるのか

現在では医療も発達し、多くの薬が研究され使われています。一般人には何に効くのか・何に効果があるのかわからないような薬も多く、そのほとんどが病院で処方された薬になります。

医療は全世界共通である為、海外の医療薬も数多くあり、日本人が使用することもあります。

インターネットが発達し世界の端から端までをつなげることができるようになり、海外医療薬も多く日本に来ています。そして現在盛んな海外医療薬を通販で気軽に手に入れることができるサイト(個人輸入代行サイト)があります。

この個人輸入代行サイトからは、日本国内での購入であれば医師から処方せんを必要とする医療薬でも購入する事ができてしまします。

日本国内のドラッグストアなどで販売されている薬には、商法線の必要な薬は置いていないので購入する事ができませんが、個人輸入代行サイトではどうして処方せんなしで医療薬が購入できるのかきになりませんか?

個人輸入代行サイトで購入する事ができる医療薬は海外の医療薬になります。海外ではその効果効能が認められているれっきとした医療薬であるのですが、日本では厚生労働省が認可していないものもあり、簡単に購入する事はできませんので最悪違法になるケースもあります。

しかし個人輸入代行サイトからの海外医療薬の購入は違法になりません。

個人輸入で海外医療薬を購入した場合には、税関の確認で問題なければ大丈夫ですが、それは個人の使用の時だけに限ります。

自分自身だけが使用することに関して以外、営利目的の販売や他の人に譲ったりすることは禁止であり、そうしてしまった場合には違法になります。